オーストラリアのコーヒー事情

オーストラリアのコーヒー事情

 

こんにちは!オーストラリアのちょっとした特殊環境でバリスタをしているcocoです。

 

今日はオーストラリアのコーヒーについて。

オーストラリアではエスプレッソマシーンで作るコーヒーが主流です。
日本でもどんどん増えてきてますがやっぱり日本はドリップコーヒーっていうイメージ。

これ、全然作り方が違うし味も違います。

私は個人的にエスプレッソマシーンで作るコーヒーは大好きですが、ドリップやコールドブリューとかは苦手です。すごい水っぽく感じてしまう…

 

 

では、オーストラリアのコーヒーってどんなのがあるかというと。

flat white    エスプレッソ+ミルク/フォーム0.5cmくらい
latte       エスプレッソ+ミルク/フォーム1cmくらい
cappuccino エスプレッソ+ミルク/フォーム2cmくらい
long black   エスプレッソにお湯を足したもの
short black  エスプレッソのみ
piccolo        エスプレッソに少しのミルク、エスプレッソ用の小さいグラスでサーブされる
macchiato   エスプレッソに少しのフォーム
dirty chai     チャイラテ+エスプレッソ
mocha         エスプレッソ+ミルク+チョコレートパウダー

が主流なものです。

 

コーヒーが入ってないのでいうと

hot chocolate,  chai latte, baby chino

baby chinoは小さいカプチーノではなくてただの泡ミルク。笑
基本的に子どもが飲むもので、無料のカフェが多いです。
間違えてオーダーしないように!

最近は抹茶ラテやゴールデンラテとかもちらほら見ますが置いてる店はまだまだ少なめ。
コールドブリューがある店も少しづつ出てきたかなあっていう印象

ちなみにflat whiteはオーストラリア発祥なので日本では聞いたことないかも?フォームがほぼないやつです。
またまた個人的な意見ですが私はフォームが好きなので、作るのも飲むのも好きじゃない。

泡が少ない分こぼれやすいので運ぶのはもっと好きじゃない。これは完全バリスタの意見です。

 

ミルクの種類豊富

Full cream milk(普通のミルク)
Skinny milk(skim,light milk,low fatともいう/低脂肪乳)
Soy
Almond
Zymil (lactose free milk)

最近はcoconuts milk, rice milkなんかも。
置いてるところあんまりないけど。

 

ミルクの量調節

Half full (カップ半分まで)
Quarter full (カップ1/4まで)
3/4full (カップ3/4まで)

 

エスプレッソの強さ調節

Half strength
Quarter strength
3/4 strength
Extra shot

 

温度のオーダー

extra hot/warm

 

その他

decaf(カフェインなしコーヒー)
caramel, vanilla, hazelnut shot

 

ちなみに日本でいうアイスコーヒーはこっちではエスプレッソのショットにミルク、アイスクリーム、クリームが乗った飲み物なので注意。

日本でいうアイスコーヒーはアイスロングブラックです。

 

コーヒーに対してこだわりが強い人が多いのでカスタムオーダーはいたって普通。

なので躊躇せず、ぜひ自分好みのコーヒーをオーダーしてみてください!

 

素敵なコーヒーライフを!