家を借りるメリットデメリット in AUS

海外生活

年明け早々引っ越しでバタバタしておりました、cocoです!

引越しついでに今日はオーストラリアでの家の話。
オーストラリアで特にワーホリで来てる人とかはルームシェアが主流だと思うんですが、私は家(というかユニットの一軒)を丸ごと契約して借りています。
ちなみにアイキャッチ画像は引っ越す前に借りてた家での写真。2年住んでたのでかなり愛着あったなあ。

 

借り家を契約する上でのメリットデメリット

メリット
・オーナーが居ないのでハウスルールがない。ハウスメイトに縛られる必要がない
・自分好みの場所や家の規模、ユニットやスタジオがいいのか一軒家がいいのか等、好きに決めれる
・仲のいい友達やパートナーだけと住めて快適
・希望であれば一人暮らしも可能
・好きなように家具も揃えれる(家具付きの所もあり)
・自分が家主となって誰かに貸すことも可能

デメリット
・基本的に水道代、ガス、電気代は入ってないので家賃+使った分払う式(水道代込みの所は結構ある)
・wi-fiも基本的についてないので必要に応じて自分で契約が必要
・審査、契約までのやり取りが面倒臭い
・ボンドがルームレンタルに比べて高め
・契約が1年単位 = ミニマム1年

 

メリットもデメリットもどっこいどっこいな感じなので家を丸借りするのが一概に素晴らしい!とは言えませんが、過去にルームレンタルを3回、丸借り2回した自分の経験上、長く住むつもりなら丸借りがいいかなあと思います。
なんせ他人の決めたルールに縛られずに自分の好きなように住めるってすごく快適。

ルームレンタルなら大概全ての金額込みだし、ミニマム数週間とか場所によってはなかったり。好きな時に出入りもできるので短期なら断然ルームレンタル。
でも相当ラッキーじゃない限り家主が決めたハウスルールやシェアメイトに気を使って過ごさないといけないし、気が合わなければなかなか苦痛。

 

金銭的には丸借りした内の一部屋と、シェアハウスの一部屋、どちらもオウンルームの場合丸借りの方が光熱費含めてでも安い気がします。
これに関してはどこのエリアで何人とシェアしてどんな規模の家に住むかでだいぶ変わってくるとは思いますが、、、

 

自分が何を求めてどんな過ごし方をしたいかによって自ずと決まってくると思いますが、長期の留学や滞在を考えてる人は家を借りることも視野に入れてみてはどうでしょうか?

コメント