ヨガティーチャートレーニングを終えた今感じること。

海外生活

ついに一年間通ったヨガティーチャートレーニング(YTT)の学校を卒業しました。
やりきった今、このフレッシュな気持ちのまま何か感じることを綴ってみます。

 

 

兎にも角にも、、1年間しっかり学んできたので、この学びきった感!
一般的なYTTだと1ヶ月程度の短期集中コースが多いなか、長期でしっかり学べる学校を選んで良かったなと思います。
1年を通してだと自分のレベルアップもしっかり感じれたのでそれもよし。その中で疑問に思うこともすぐ先生に聞ける環境に1年いたので消化不良も無し。

もちろん今後ティーチングを続けていったり、自分のプラクティスのレベルが高くなっていくにつれてまた新たな疑問や発見もあるかと思います。
でもYTT受ける前は何がわからないかすらわからなかったし、誰かに聞いてもベースの知識がないから理解も浅かったのが、今後は自分で挑戦しながら解決策を見つけて行って解消できそうな気がする。

ヨガは常に学び。
しかもタイプや何をフォーカスするかで良し悪しが変わってくるから奥が深い。
だからこれから先生をする中でも、ずっと生徒でもあり続けるのです。

 

 

そしてこの1年学ぶ中でたくさんの素晴らしい先生に出会えたこと。
一人一人違ってて、学べることも違って。でも共通して言えるのは、どの先生も教えることだけじゃなくて個人のプラクティスにもパッションがあって毎回何が学べるかってすごく楽しみだったなあ。

いろんな先生と出会う中で、自分がどんなヨガティーチャーになりたいか、クラスを通してどんなことをシェアしたいかが明確になりました。
こんな教え方したい。こんな人になりたいって思える先生と出会えたのは何にも代えがたい価値があるなあ、と。
彼らのように軸のしっかりした、自分をしっかり持ったヨガティーチャーに。

特に私の(勝手に)師匠Bec。この人を超える先生にまだ出会えてない。きっと彼女が私のメンターであり、師匠なんだと思う。

 

あとは距離。
住んでるブリスベンから車で2時間離れた場所に学校があったのでもう通わなくていいとなると気持ちがものすっごく楽。
引越しもせず毎週175キロの往復、車内泊をよく1年間続けれたなと思います。よくやった自分。笑

ペーパードライバーでビクビク運転してた最初の頃。
毎週往復4時間も運転してると慣れてくるもんで、中盤からは運転しながら瞑想するレベルに。笑(ただ単に運転中が一番無になりやすいってだけ)
でもこのおかげで意外と苦じゃなかった長距離ドライブ。これも卒業を機に終了!

 

 

ただ一点後悔、、というか心寂しいなあと思う点。
学校や先生は良かったんだけども、いいクラスに巡り会えなかった。
先生には今まででワーストのクラスって直接言われたくらい、私がいたクラスは崩壊してました。他のクラスはみんなサポートしあってたり仲よさそうで残念だったなあ。

もちろんいい子もいたけど一緒に学ぶ上で心の寄り添いどころとなるはずのクラスメートが、足枷となって嫌な思いをしたこともしばしば。
同じ好きなことを学ぶもの同士、高めあって楽しく学べるような子達と1年間学べてたらまた何か違ったかなあとは思いますが、まあ仕方ない。

だけどそのおかげで自分の心の成長にも繋がったし、クラスメートが全てじゃない。それ以上のものを学べたし、クラス以外での素敵な人たちとの出会いはたくさんあったので結果オーライ。
って言っても1年間頑張ってきた同士、コースの最終日は涙あり笑顔いっぱいでいい終わりができたので良かった。クラス全体の雰囲気が良くなかったってだけで一人一人はいい子だったしな。
うん、終わり良ければすべて良し。

 

良かった経験は反映させて、マイナスなことは反面教師に。
この1年学んだヨガのこと、ティーチング、経験を糧にしてまた違った新しいヨガ漬けの1年にしていきたいと思ってます。

 

1年間学ばせてくれた学校や先生、クラスメートに。
心の拠り所となってサポートしてくれた友達や家族、パートナーに。
そして好きなことが一生を通して学び続けれるものであること、それに出会えたことに感謝をして。

 

 

コメント

  1. […] 関連記事はこちら ・オーストラリアでヨガを学ぶ ・ヨガティーチャートレーニングを終えた今感じること。 […]