【ヨガを始めたい・続かない・挫折した人へ】ヨガ自主練習のすすめ

Yoga

ヨガのレッスンに行くと気持ちがスッキリしてやっぱりヨガっていいなぁ、毎日しよう!って気になると思います。
お気に入りの先生がいて毎日スタジオに通えることができれば一番なのですが、
やっぱり時間や距離、レッスン費などがネックになって挫折した人もいるのではないでしょうか。
はたまた、レッスン中に周りと比べて自分の出来なささにがっくり、、、もうヨガはやめた!って人
始めたいけどどうしたらいいかわからない人など。

そんな人にオススメしたいのは自主練習をメインにすること。

自主練習はヨガにとってすごく大事です。
そしてそれはお金もかけず、どこでもできるもの。
必要なのはやるか、やらないかの気持ちだけ。

ついでに言うと、誰にも見られることがないので周りの目を気にして劣等感に苛まれることもない。

 

“Yoga is 99% Practice 1% theory.” (99%の練習と1%の理論)
と、アシュタンガヨガの創立者Sri K. Pattabhi Jois師が言うように、練習がものを言います。

これは仕事にしろ、趣味にしろ、何事にでも当てはまると思います。
うまいこと言ったなーと。

 

 


 

ヨガを始めるには?

 

できれば最初はyoutubeなどの動画ではなく、ぜひ先生から直接学んでほしいです。

伝統的なヨガは先生から生徒へ一対一で受け継がれてきました。
一人一人レベルも身体のしなやかさや強さなど全然違うので、マンツーマンなら最高。
特に怪我や持病がある人は避けた方がいい動きやポーズがあるので尚更。

でもそれが厳しいようなら少人数やしっかり教えてくれる先生の元で始めるのがいいと思います。

 

ある程度ヨガってどんなものか分かってきたら先生からの指示で動いてた通りに、家でも真似してみてください。

そうすると自分で考える力がつき、こうしたらどこに効くんだろう、こうしたいときはどこの部分をどんな風に動かしたらいいんだろうって疑問がわいてくるはずです。

その疑問は成長するチャンスです。
自分で解決できる場合もあるでしょうし、先生に質問してもいいです。

もっと慣れてヨガの仕組みがある程度分かってきたら動画を利用するのもいいと思います。
また新しいポーズやシークエンス、ヒントが動画から得られることもあります。

とにかくいっぱい練習してどんどん疑問をもって、試行錯誤を繰り返して、もっともっと練習しましょう。
できなかったポーズも練習を続けていく限り、必ずできるようになります。必ず。

 

 

 

周りと比べない

 

ただ、できるようになるのにかかる時間は人それぞれです。
ポーズの難易度によっても、思ったよりすぐにできるようになったり、逆にものすごく時間ががかるものもあります。

このポーズをこの人みたいにできるようになりたい!と思って自分の背中を押すのは大賛成ですが、
あの人は出来てるのに自分はできない、等と他人と自分を比べないように。
‘あの人’も見えないところでたくさん練習してきたはずです。

比べるならヨガを始めたばかりの頃や、少し前の自分と練習してきた自分を比べましょう。
前屈の時にまったく手が届かなかったのに今はつま先に触れそうだとか、今このタイミングでコアやバンダを意識できてるなとか。
そういう小さなことでいいんです。

’気づきがあることに気がついた’が大事。

自分の成長に気がつくと自信に繋がります。
そしてまた頑張ろう、って思えます。
いっぱい自分を褒めてあげてください。

 

 

 

プロップスを利用する

 

できるようになるまでに時間がかかる。
でも練習すればいつか必ずできるようになる。
これが頭では分かってはいても、全く手が届かなさそうで挫折しそう、、、

プロップスを利用しましょう

上の写真のようにストラップを使ったり、ブロックを使用してポーズの手助けとなるものをいっぱい利用してください。
ブロックがなければ厚めの雑誌や辞書を。ストラップがなければ手ぬぐいやタオルを。
クッションや枕はボルスター代わりになります。

膝をついたポーズの時に痛むなら膝下にタオルを敷いてください。
長座ができなかったり、腰が丸まるようならお尻の下にクッションを敷いてエッジに座ってみてください。
楽に体制を維持できるようになります。
地べたに座ることができないなら椅子に座ってもできるポーズはたくさんあります。

 

体が硬くても、筋肉がなくても、怪我をしてても、持病があっても。
男性も女性も老若男女、ヨガはみんなのものです。
すべての人に平等に与えられた権利です。

もし少しでもヨガに興味があるなら、自分でその可能性を潰さないであげてほしい。

 

 

 

具体的な目標を持つ

 

 

何か目標を持つことはすごく大事。
具体的であればるほどいい。

このポーズをできるようになるまでやめない、とか
開脚が出来るようになりたい
長座前屈の時につま先が触れるようになりたい、とか。なんでも

 

絶対毎日スタジオに通うんだ!毎日自宅練する!とかは結構挫折しやすいので(経験あり)
考え方を変えてこれができるようになるにはどれだけの練習量が必要なんだろう、
じゃあ今よりもうちょっと頻繁に練習しよう、とか。

目標があると頑張れるのはもちろん、以前の自分との違いを意識して練習するので
なんとなくやってるのとは天と地の差があります。

そして一つのやりたかったポーズや目標に到達すると、
そのポーズをもっと深めたくなったり、もう1ステップ上のポーズにチャレンジしたくなったりします。

ヨガは奥が本当に深いので終わりがない。
一生を通して学び続けれるものです。

 

 

まとめ

 

まずは先生から学び、自分の練習を始めましょう。
具体的な目標を定めて、必要ならプロップスも使ってとにかくたくさん練習しましょう。

1日15分だって、なんなら5分でもいいです。
太陽礼拝だけでも、たった1つのポーズでも。
やらないよりかはまし。やっているともっとしたくなるものです。

誰かと比べることはせず、あなたの練習に全力を注いでください。

 

 

長く楽しくヨガを続けれるように。
生活の一部となって、毎日を生きやすく手助けになるように。

最初から毎日じゃなくてもいい。
まずは今日から、あなたの練習を始めてみてください。

 

Yoga
スポンサーリンク
シェアする
cocoをフォローする
cocolog

コメント