ワーホリビザvs学生ビザのメリットデメリット

海外生活

 

これからワーキングホリデーや学生ビザでの渡航希望や迷っている方へ。

ニュージーランドとオーストラリアで長期・短期留学とワーホリを経験した私が思う
ワーホリと学生ビザで渡航するメリット・デメリット両方伏せて紹介していきます。

 

最後に海外生活を成功させるポイントも書いてみたのでぜひご覧ください。

 

私の簡単な経歴はこちら
AUSでバリスタ&ヨガ講師

 

 

 

どっちを選ぶべき?

 

 

まず両方経験した私が思うに、時間やお金が許すならばワーホリと留学両方経験したほうがいいです。
なぜならシンプルにワーホリと留学で得られる経験がどちらも全然違ってどちらがいい・悪いとは一概に言えないから。

ワーホリならでは・学生ならではのメリットデメリットがあり
それを通して成長できる部分が少し違ってくるなあと個人的に思います。

 

先に簡潔に言っておくと

・明確に学びたいことがある人は学生ビザでしっかり学ぶ
・いろんな経験をしたい人はワーホリ

です。

 

目的なくとりあえず海外生活したいからとか
旅行を長期でしたいからワーホリを選ぶ人にとってはデメリットなんてあってないようなもの。

だけどワーホリにしようか学生ビザで留学しようか迷ってる人の理由って
だいたいが”語学も学びたい・金銭的理由”だと思うんですよね。

だけど経験したことがないからわからない、周りに経験者もいないので聞けない!
って人に両者のメリットデメリットを。
注)完全なる個人的意見です

 

 

 

ワーホリのメリット・デメリット

 

 

ワーホリのメリット

・無制限に働けて、旅行も出来て、学校に行くこともできる(就学期間制限あり)
・一つの場所に留まる必要がないため、いろんな経験ができる
・学生ビザと比べるとお金がかからない
・むしろ稼いで帰国することも大いに可能

 

ワーホリのデメリット

・年齢制限がある(国にもよるが大抵30歳前後)
・年数制限あり。国によって違うが1年〜3年
・仕事を探すとき場所によってはワーホリお断りの店もある(特にローカル)
・いろんなことができるが故、目的を見失う人が多い
・言語習得が一番の目的でない場合が多いため、上達しない人が多い
・日本社会では白い目で見られがち

 

日本社会では白い目で見られがち
→これに関しては悲しいけれど事実。

他国は世界を見てきた経験として受け取るところも多い中、
ワーホリ=遊びという固定観念がまだ根強く残っている日本です。
そんなことないのにね。

私が感じたのは日本出発前で、帰国後は感じませんでしたが
他のワーホリ仲間達が日本帰国後に仕事を探す時感じたと。

ただしワーホリで何を得て帰国するかは完全なる個人差なので、いろんな経験をして自信をつけて帰国すれば良い話。
もちろん何も得ずに帰国すると周りだけじゃなく自分自身も何をしに行ったんだろうってなるのは当たり前ですよね。

 

 

 

学生ビザのメリット・デメリット

 

 

学生ビザのメリット

・年齢制限なし
・就学年数分その国に住める
・目的を持って住むため、滞在中モチベーションをキープしやすい
・学びたいことを学びたい期間好きなように勉強できて、働くこともできる(国による)ため、その国に住んでいる感覚が強い
・本人や周りからの印象など、ワーホリと比べて地に足が付いている印象
・語学留学にしろ、基本的にその国の言語は習得できる環境にあるため伸びる

 

学生ビザのデメリット

・学費やビザ、保険代など全体的にワーホリよりお金がかかる
・学校へ行ける距離に住む必要があるため、ワーホリみたいにいつでも都市移動ができるわけではない
・国によっては働けなかったり、働ける時間に制限あり
・言語習得・専門分野どちらにせよ短期間すぎるとあまり効率良く習得できない印象

 

 

こんな感じでしょうか。
全筆した通り、どちらにも良い点とそうでないことがあります。
そしてそれはあなたがその国で何をしたいかによって大きく変わってきます。

 

 

海外生活を成功させたいのなら

 

 

ワーホリビザ/学生ビザでの渡航、どちらを選ぶとしても言えるのは
海外生活を成功させたいのなら自分のしたいこと・なりたい像をしっかり決めておくこと。

そしてそれはあなた次第です。

 

何でもできる便利で安全な日本を出て海外に住むということは、きっと何かしら理由があるはずです。

第二言語を習得したいのか、どのレベルにまであげたいのか
いろんなところに旅行へ行って世界を見たいのか
違う国の人と関わってみたいのか
違う国で働いてみたいのか
今あるスキルを上げたいのか
新しいことにチャレンジしたいのか

他人からしたらちっぽけな理由でも何でも。
その理由があなたにとって原動力になるならどんなに小さなものでもいいんです。

あなたの理由を明確に。

 

そしてできるならそのことについてもっともっと掘り下げてしっかり考えてみてください。
そして一度決めたものを諦めないでください。

思っていたよりも難しくてくじけそうになるかもしれない。
もしかしたらそこから違うステップが見えてくるかもしれない。
新しく挑戦したいことが見えてくるかもしれない。

それが海外生活のいいところだと思います。

もちろん日本でもいろんなことができるけど
何も知らないところで一から始めるのってそれだけで人生を変える経験だと思います。

なのでワーホリか学生ビザか迷っている人はまず目標を明確にしてから決定しましょう。

 

 

そしてその国の制度についてしっかり自分で調べて決めるのがいいと思います。

 

自分で調べて決めるって本当にすごく大事です。

今はインターネットもあって何でも調べれる時代なのに
エージェントに頼りきったり、経験者に質問攻めして自分では調べない人が本当に多いです。

 

海外に行くと自分で決断することが日本にいてる時より格段に多くなります。
小さなことから大きな決断まで。
そして誰かに頼りきっていることに慣れていると小さな決断ですら自分でできません。

経験者や知識のある専門家からアイデアをもらうのもいいですが
なんでも自分で調べる癖をつけましょう。

あなたが本当に求めているものなんて他人はわかりません。
もし自分で調べて追求する術を知らないのなら自分がどうしたいのかすらわからないですよね。

 

調べる癖がつけば、自分のなりたい像もきっともっと明確化しやすくなるはずです。

 

 

 

まとめ

 

 

・明確に学びたいことがある人は学生ビザでしっかり学ぶ
・いろんな経験をしたい人はワーホリ
・どちらにせよ成功させたいのなら目標を明確にする
・何事も自分で調べる癖をつける

・時間とお金が許すならぜひ両方経験を

 

 

 

最後に。

あなたのことを考えて意見してくれている人は別として
冷めた意見を言う外野に耳を傾ける必要はありません。

彼らが何と言おうと、あなたの人生を生きるのはあなたしかいません。

周りに巻き込まれず、流されないこと。
周りを巻き込んで、自分の新しいチャレンジをしていくこと。
そして自分の人生に責任をもつこと。
あなたの人生、主導権はあなたにあるべきだから。

 

 

以上私の思う、ワーホリビザ/学生ビザのメリットデメリットでした。

しっかり考えてより良い海外生活がができますように!

 

 

 

コメント

  1. […] 以前この記事ワーホリビザvs学生ビザのメリットデメリットで ‘海外生活を成功させたいのなら’ という項目でも書きましたが 今日はもうちょっと掘り下げて書いていきたいと思います。 […]