【人生を変える28日間】Day10 ~全ての人に魔法の粉を~

引き寄せ

 

ロンダ・バーンの引き寄せの法則本シリーズ “ザ・マジック“より。

 

感謝の実習も今日で10日目です。

‘10つの感謝リスト’をまず朝一番に行ってくださいね。
そして夜寝る前には ‘魔法の石’ も忘れずに!

10つの感謝リストはこちら
魔法の石はこちら

 

 

 

今日の実習は本当に魔法みたいで少し面白いですよ。

 

Magic Dust Everyone 全ての人に魔法の粉を

 

 

“What we give to another person with a full heart returns to us a hundredfold. “
心を込めて与えたものは何百倍にもなって返ってくる。

 

 

人から受とったことに感謝し、ありがとうと言うことは
あなたの人生を良くするために、何をおいてもまず第一番にやる大切なことなのです。

感謝は力強いエネルギーであり、あなたが感謝する方向に流れます。

感謝のエネルギーをキラキラと輝く魔法の粉に例えることができれば、
人に感謝を表す時、実際その人に魔法の粉を振りかけていることになります!

力強く、ポジティブな魔法の粉のエネルギーは
それを振りかけるどの人にも届いて、良い影響を与えます。

 

 

私たちはたくさんの人たちと毎日誰かしらの接触や出会いがあるはずです。
その形は様々で、直接顔をあわせることもあれば、電話越しやメールでのやり取りなど。

どんな形であれ、すべての人たちは感謝を受ける価値があるはずです。
なぜなら、私たちは彼らから何かを受け取っているから。

 

レストランやお店の店員さん、バス・電車・タクシーの運転手さん、カスタマーサービスや掃除人や職場のスタッフのように
毎日あなたが何らかのサービスを受けている人を思い浮かべて下さい。

何かのサービスを提供している人々はあなたに奉仕するために
自分を与えており、あなたは彼らの奉仕を受け取っています。

その人々のサービスに対して「ありがとう」と言いましょう。

 

 

交通手段の安全確保を行う点検作業員や、電気、ガス、水道、道路といった
公共サービスを維持管理している人たちのことを思い浮かべて下さい。

道路や公衆トイレ、電車やバスや飛行機、病院やレストラン、
スーパーやオフィスビル等を掃除している人たちのことを考えて下さい。

その一人一人に個人としてお礼を言うことはできませんが
次回すれ違う時に「ありがとう」と言って、魔法の粉を振りかけることはできます。

 

カフェやレストランで給仕してくれている人に対して
「ありがとう」と言って魔法の粉を振りかけることもできます。

テーブルを綺麗にし、メニューを渡し、注目をとり、コップに水を入れ、注文したものを出し、勘定書やおつりを渡してくれる時、その都度「ありがとう」と言うのを忘れないようにしましょう。

 

商店やスーパーを出る時、応対してくれた人や、品物を袋に詰めてくれた人に
魔法の粉を振りかけ、「ありがとう」と言ってください。

 

お店の定員さんやウェイターの人たちにも感謝をしましょう。
彼らは感謝の気持ちのない、態度の悪い客相手にも出くわしながらサービスをしてくれています。
彼らはあなたの親切心や忍耐を受け取るにふさわしい人たちです。

 

職場であなたを手伝ってくれる人達、事務の人、受付の人、清掃員、
カスタマーサービス、同僚など皆に感謝しましょう!

 

全員あなたのためにサービスしています。
あなたからの絶え間ない感謝に値する人々なのです。

 

 

 

時にはサービスを提供してくれる人が無礼で、自分に十分心を込めてサービスしてくれなかったと感じることもあります。
そういう時は感謝するのは少し難しいかもしれません。
しかしその人の態度によって感謝の気持ちを変えてはいけません。

どのような状況でも感謝するようにしてください!
そしてどういう状況でも魔法を使いましょう!

 

 

人と接する時、相手がどんな問題を抱えているか、自分は知らないということを知っておくと、良いかもしれません。
彼らは気分が悪いのかもしれませんし、愛する人を亡くしたり、結婚が破綻して絶望のどん底にいたりするのかもしれません。

 

“Be kind, for everyone you meet is fighting a hard battle. “
あなたが出会う人はみな、厳しい戦上にいます。だから誰にでも親切にしてあげなさい。

 

これは私が好きな言葉です。
一体その人にどんなことがあったかなんてわからないですよね。

なので誰かの一時的なネガティブな態度によって
あなたの感謝の気持ちやポジティブな感情を悪い方向へ持って行く必要はどこにもありません。

 

 

How to

 

 

1. 今日あなたに恩恵を与えてくれる人、奉仕してくれる人を10人選びましょう。
その人を心に思えばいいので、直接会えなくても大丈夫。

2. その10人に「ありがとう」と言って、感謝の魔法の粉を振りかけるチャンスをなるべくたくさん探しましょう。

3. 直接会える人には感謝の気持ちを伝え、会えない人には心の中で感謝を感じます。

 

 

誰かに感謝する時、「ありがとう」と言うだけでなく、感謝している理由も伝えましょう。

例えば、
「あなたのサポートに感謝しています。」
「わざわざ来て頂いてありがとう」
「私の問題を解決してくれてありがとう、心から感謝しています」
など。

 

直接誰かに感謝を伝えれる場合は、その人の顔を見ていってください。
顔を見なければ誠意は伝わりませんし、相手が魔法の粉を受け取ることもないでしょう。

何かの作用には必ず反作用があります。
「ありがとう」と言う時にそれが真心からであれば、相手はそれを感じます。
その人を幸せにするだけでなく、自分自身もその感謝のお陰で言葉にならない程の幸せな気分になるはずです。

 

 

直接会えない人には、心の中で感謝の気持ちを感じます。

例えば
「早朝、道路を掃除してくれる人に心から感謝します。今まで定期的なサービスに対してどれほど感謝すべきか真面目に考えたことはありませんでした。本当に、ありがとう」
などといって感謝を心の中で伝えます。

 

 

そのサービスに対してあなたが感謝したのが10人になったのが分かるように
ありがとうと言って感謝の魔法の粉を振りかけた人の数をきちんと覚えておいてください。

いま自宅にいるならば、机に座ってペンと日記またはパソコンで
わざわざあなたのためにサービスしてくれた人々の姿を思い出してください。

あなたに奉仕した10人のリストを作成し
ひとりひとりに「ありがとう」を言いながら魔法の粉を振りかけてください。

 

私はこの ’魔法の粉’ をかける時、指をひらひらさせて
そこから金色や白っぽいキラキラしたものが出て行くのをイメージしてます。

適当にするんじゃなく、しっかり感謝やいいエナジーを届けるためには想像力も大事!

 

 

 

魔法の粉の応用

 

色々な状況で魔法の粉を使えます。

・新しいプロジェクトを始める前、自分のパソコンにも魔法の粉を振りかける。
・必要なものを探しに店に入る時も魔法の粉を自分に振りかける。
・ストレスによって運転の荒いドライバーを見つけたら、その人の気分がよくなるように魔法の粉を振りかけてあげる。
など。

 

この実習に出会ってから私が今でもよくするのは
運転の荒いドライバーや初心者マークをつけたゆっくり運転のドライバーと出会った時。

以前はその人たちの近くを運転してるとイライラしてたのですが
その人の安全を考えて魔法の粉をかけることで、なんだか自分の気持ちが和むのと同時に苛立つことがなくなりました。
そして自分はしっかり安全運転を心がけて無茶な運転をしないでおこう、と戒めにもなります。

他の人のことを考えて感謝をするとその人にだけじゃなく
自分にも返ってくる、というのはこういうことなんだと思います。

 

 

 

今日することリスト

 

 

1. 朝一番に’10つの感謝リスト’を行う。

2. 今日あなたに恩恵を与えてくれる人、奉仕してくれる人を10人選ぶ。
その人を心に思えばいいので、直接会えなくても大丈夫。

3. その10人に「ありがとう」と言って、感謝の魔法の粉を振りかけるチャンスをなるべくたくさん探す。

4. 直接会える人には顔を見て感謝の気持ちを伝え、会えない人には心の中で感謝の気持ちを感じる。

5. 夜寝る前に ‘魔法の石’を使って1日の中で最高の出来事を思い出して感謝する。

 

 

 

 

 

英語を勉強中の人、英語で本を読みたい人はTHE・MAGICのPDF本が無料で手に入ります。

英語版 無料PDFはこちら

 

日本語でザ・マジックを読みたい人はこちらから。

コメント

  1. […] 全ての人に魔法の粉を 魔法のように人間関係を癒す 魔法の杖 魔法の鏡 […]