【人生を変える28日間】Day14 ~魔法の1日を過ごす~

引き寄せ

 

ロンダ・バーンの引き寄せの法則本シリーズ “ザ・マジック“より。

 

‘10つの感謝リスト’をまず朝一番に行ってくださいね。
そして夜寝る前には ‘魔法の石’ も忘れずに!

10つの感謝リストはこちら
魔法の石はこちら

 

 

感謝の実習は今日で14日目です。
ついに感謝の実習も折り返し地点に来ましたよー!

 

 

Have a Magical Day 魔法の1日を過ごす

 

 

その日を ”魔法のような1日” にするためには、その日の計画を立てて
計画が進む前に全てが順調に行っていることに「ありがとう」という魔法の言葉を言うのです。

とても簡単なことで数分しかかかりませんが、やるかやらないかで驚くほどその日が変わります。

 

自分の1日を劇的に変化させるパワーが自分にはあると信じがたい人は
朝不機嫌だった日や愚痴っぽかった日を思い出してみて下さい。

するとその日は物事が次々とうまくいかず
まるで最悪の日が偶然に起きたかのように「なんてひどい1日なんだろう」と思いませんでしたか?

その日が最悪の日になった理由はただ1つ、あなたが不機嫌な状態を朝からずっと引きずったからです。
あなたの不機嫌が次々と悪いことを引き起こしたのです。

 

寝起きが不機嫌になるのも偶然ではなく、
前夜の寝る前に、無意識の内に嫌なことを考えたまま眠りについたからです。

毎朝の10つの感謝リストと夜寝る前の魔法の石の実習をなぜするかというと
この2つを組み合わせることによって朝も夜も気分がよくなり、1日をいつも気分よく始めることができるから。

 

魔法の1日を過ごすには自分が良い気分になることが必要です。
そして、感謝ほどあなたを気分よくしてくれるものはありません。

 

 

今日どんな予定であっても、事前に感謝を実践すると思いがけない問題や困難が起きなくなります。

そして今日のこの実習をすればするほど、日々の生活の色々なことが良くなります。
不安な日もなくなり、問題も解決され、ストレスも取れ、魔法のおかげで流れが好転します。

 

 

How to

 

 

1. 魔法の1日を過ごすためには、朝、その日の予定がうまくいったことに感謝してください。
(ベッドから起きる前、シャワーを浴びながら、または着替えをしながら等どのタイミングでもOK)

2. 心の中で、朝・昼・晩・寝る時までの予定を思い、そのひとつひとつに「ありがとう」と言いながら
その日の夜にそれがとてもうまくいったことに「ありがとう」と言って大喜びしている自分をイメージしてください。

3. 最後に「今日届く素晴らしい知らせにありがとう」と言って実習を終えて下さい。
1日の日の始めにこの実習を1回で全部行うようにしましょう。

 

 

この魔法の実習を、心の中でするか紙に書くかはどちらでもいいのですが
最も肝心なことは、その予定や行事の結果がこれ以上ないというほどうまくいったと感じること。

ひとつひとつの体験に対して、魔法の言葉の「ありがとう」を声に出して言うと
もっと魔法の力が強くなりますが、声に出せない時は心の中で言っても構いません。

そして感謝の気持ちがもっと湧いてくるように大袈裟な言葉を使いたいだけ使って大丈夫です。

 

 

感謝の例

・信じられないほどの成果をありがとう
・電話での驚くべき結果にありがとう
・職場での最高の1日をありがとう
・苦労せずに楽な掃除ができてありがとう
・友人と出かけた素晴らしい夜をありがとう
・旅行でゆっくりできたこととにありがとう

 

 

私はこれを応用して抽選や金券スクラッチカードなどを引く前にありがとうと言ってから行動するようにしています。
そしたら昨日、少額ですが当たりました!

 

分かりにくいですが…2ドル分のスクラッチがもらえます。

驚くべき結果にありがとう!

 

 

 

今日することリスト

 

 

1. ’10つの感謝リスト’を行う。

2. 朝、心の中で朝・昼・晩・寝る時までの予定を思い、そのひとつひとつに「ありがとう」と言いながら
その日の夜にそれがとてもうまくいったことに「ありがとう」と言って大喜びしている自分をイメージする。

3. 最後に「今日届く素晴らしい知らせにありがとう」と言って実習を終える。
1日の日の始めにこの実習を1回で全部行うようにする。

4. 夜寝る前に ‘魔法の石’を使って1日の中で最高の出来事を思い出して感謝する。

 

 

 

 

 

英語を勉強中の人、英語で本を読みたい人はTHE・MAGICのPDF本が無料で手に入ります。

英語版 無料PDFはこちら

 

日本語でザ・マジックを読みたい人はこちらから。

コメント