【人生を変える28日間】Day26 ~魔法のように過ちを恵みへ~

引き寄せ

 

ロンダ・バーンの引き寄せの法則本シリーズ “ザ・マジック“より。

 

感謝の実習は今日で26日目です。

‘10つの感謝リスト’をまず朝一番に行ってくださいね。
そして夜寝る前には ‘魔法の石’ も忘れずに!

10つの感謝リストはこちら
魔法の石はこちら

 

 

 

では26日目の実習です。

Magically Transform Mistakes into Blessings 魔法のように過ちを恵みへ

 

 

“Mistakes can hurt, but if we don’t learn from the mistake we’ve made, the pain we’ve suffered from it has been for nothing.
It’s the very reason why mistakes hurt, so that we do learn from them and don’t make them repeatedly. “

失敗は痛みを伴いますが、そこから何も学ばなければ、その痛みや苦しみは無駄になってしまいます。
失敗が痛みを伴う理由は、私たちがそこから学んで同じ失敗を繰り返さないようにするためなのです。

 

 

過ちは全て神の恩恵が姿を変えたものです。

今日の魔法の実習がそれを証明し、
全ての過ちに語られていない恩恵が隠されていることをあなたは発見するはずです。

 

 

子供は自転車の乗り方や文字の書き方を何度も失敗しながら学びますが、私たちは気にしません。
子供は失敗を通して学び、最終的には習得できることを私たちは知っているからです。

それなのに大人はなぜ失敗するとあれ程までに自分を責めるのでしょうか?

 

誰でも失敗はします。
失敗しなければ何も学ばないし、成長もしないし、賢くなることもないでしょう。

しかし失敗から学ぶには、まず失敗を自分の責任だと認めなければなりません。

 

 

例えばスピード違反で警察に道路脇に止められて、速度違反を取られたとします。

私たちはスピード違反という事実に対して責任を取ろうとはせず、
警察官が高速道路の茂みの陰に隠れていたことを非難します。

しかしスピード違反をしたのは自分ですから、過ちは自分の責任なのです。

 

自分の失敗を他人に責任転嫁すると、
自分の過ちの結果がもたらす痛みに苦しみはしてもそこからなにも学ぶことができません。

そして、また同じ過ちを引き寄せてしまうのです。

 

過ちからどのように学ぶのか?
答えは感謝すること。

 

どれ程ひどい状況にあっても、必ず感謝すべきことはたくさんあるはずです。

過ちの中にできる限り多くの感謝できることを探せば、
その過ちを魔法のように恩恵に変えることができるのです。

 

 

How to

 

 

1. これまでの人生で犯してきた過ちを振り返って、そのことを考えると胸が痛むものを1つ選んでください。

2. その過ちから感謝できることを10個探してノートかパソコンに書き出してください。

3. やりやすくするために次の2つの質問を使用してみてください。
その失敗から何を学んだか
その失敗からでてきた良いことは何か

 

 

 

リストの書き方の例

過ち)警察にスピード違反で捕まり、罰金を科せられた

・警察は私が負傷しないように守ってくれたことに感謝します。彼らの目的は私を守ることだったからです。
・警察に感謝します。正直に言うと、私は違うことを考えていて運転に集中していなかったからです。
・警察に感謝します。愚かにも自分を危険に追い込むようなスピードを出していたからです。
・目を覚ましてくれた警察に感謝します。それ以来スピードに気を付け、もっと慎重に運転するようになりました。
・路上の全ての人や家族の安全を守ってくれている警察という仕事に対して感謝します。
・私がいつも通り安全に家族の元に帰宅できるようにしてくれた警察に感謝します。
・スピードの出し過ぎで色々な危険が起きる可能性があったのに、スピード違反の取締りだけで済ませてくれた警察に感謝します。

 

 

今日だけでなく、思い返すといまだに苦い思いをする過去の失敗について
時間のある時にこの素晴らしい魔法の実習をするように強くお薦めします。

1つの過ちに対して、たくさんのありがたい学びがあると考えてみてください。
あなたが見つけた感謝できること全てに魔法のパワーがあるのです。

 

 

 

今日することリスト

 

 

1. ’10つの感謝リスト’を行う。

2. これまでの人生で犯してきた過ちを振り返って、そのことを考えると胸が痛むものを1つ選ぶ。

3. 感謝できることを10個探してノートかパソコンに書き出す。

4. やりやすくするために次の2つの質問を使用してもよい。
・その失敗から何を学んだか
・その失敗からでてきた良いことは何か

5. 夜寝る前に ‘魔法の石’を使って1日の中で最高の出来事を思い出して感謝する。

 

 

 

 

 

英語を勉強中の人、英語で本を読みたい人はTHE・MAGICのPDF本が無料で手に入ります。

英語版 無料PDFはこちら

 

日本語でザ・マジックを読みたい人はこちらから。

コメント