【アーユルヴェーダ】Doshaドーシャとは

Ayurveda

 

Ayurvedaとは何か→こちらの記事でチェック

 

Ayurvedaでは人の体はDoshaと呼ばれる3つの要素(風・火・水)で組み合わされていると考えます。
そしてその組み合わせやバランスは一人一人違うもの。

その3つのバランスが崩れると病気になると考えられていて、これがアーユルヴェーダの根本理論です。

この3つのドーシャの組み合わせで人の性格や体質が分かり、どのドーシャが強くなるかでどんな病気になるかも変わってきます。

 

 

ヴァータ (Vata)ー風のエネルギー

ヴァータは風のエネルギーです。

軽・動・速・冷・乾燥性の性質を持ち
動きや伝達作用を司ります。

 

ヴァータが増えすぎると
肌の乾燥・フケ
不眠
便秘
ガスがたまる
手足の冷え
体力・集中力の衰え などの症状がみられます。

 

 

ピッタ (Pitta)ー火のエネルギー

ピッタは火のエネルギーです。

熱・鋭・軽・液・微油性の性質を持ち
消化や新陳代謝を司ります

 

ピッタが増えすぎると
下痢
汗が出る
胸焼け
目の充血
肌に湿疹ができる
喉の渇きや大食 などの症状がみられます。

 

 

カパ (Kapha)ー水のエネルギー

カパは水のエネルギーです。

重・油・遅・冷・安定性の性質を持ち
体力や維持力を司ります。

 

カパが増えすぎると
だるさ・重さを感じる
強い眠気
寒気
鼻水・鼻づまり
咳・喘息
食欲が減る などの症状がみられます。

 

ヴァータとカパは冷たさの性質を持つこと以外は両極端と言えます。

 

 

 

プラクリティとヴィクリティ

 

生まれ持ったドーシャをプラクリティ(Prakriti)といって、これは生まれてから死ぬまで変わらない性質です。
1つだけのドーシャも持つ人もいれば2つ持ち合わせた人、ごく稀に3つ全てのドーシャを持ち合わせた人もいます。

そして生まれながらに持つドーシャをプラクリティというのに対し、
現在の生活習慣や環境によるエネルギーのアンバランスでドーシャが過剰・乱れた状態をヴィクリティ(Vikriti)といいます。

 

Ayurvedaでは昔からプラクリティを知ることを重視していますが、
ストレス過多な現代でプラクリティを保ったまま生活している人は極めて稀です。

なのでセルフケアを行うときにはヴィクリティを見るようにするといいでしょう。

 

今自分の心と体にはどのエネルギーが多くなっているのか、
その結果どんな変化が起きているのかを知ること。

自分の心と体に目を向けることができればコンディションや変化がわかるようになり、
ある程度の不調には対処できるようになるはずです。

 

どのドーシャを持っていても、自分の中でそのバランスが崩れると不調が出たり病気になるので
そうならないように日常生活・食事・ヨガ・瞑想・呼吸法などでバランスを取ろうということです。

 

 

次回は
【Prakritiプラクリティ】について詳しく見ていきます。

 

 

 

コメント

  1. […] […]