【緊急事態宣言】隔離中の生活ルーティン

雑記

日本でも緊急事態宣言が出ましたね。

私はオーストラリア在住なのですが、去年の11月〜今年3月まで日本に帰省してました。
1月以降にコロナコロナと世間が騒ぎ始めたので入国制限がかかる前に…とオーストラリアに戻ってきましたが、タイミングが良かったわけではなく到着後すぐにオーストラリアで自主隔離を2週間しないといけないことに。

これを書いてる今はもう隔離生活を終えてますが
心も体も健康でストレスフリーに過ごせたのは過ごし方を工夫したからだなあと思っているので、私がどんな1日を過ごしていたかシェアします。

 

日本の緊急事態宣言は海外のロックダウンや他の対策と比べてゆるいですが
「極力家にいよう」というのは世界中どこも変わりない。

どんな風に過ごすと自分の心が楽に過ごせるか、長期間にわたる「おうち時間」のためにプランを立てておくのをおすすめします。

 

 

 

隔離中の生活ルーティン

7am 起床
白湯+レモンを入れたものをまず飲む。
白湯にはクレンジング効果と体を温める効果があり、レモンには消化を促す効果があります。
*これにターメリックをひとつまみ入れると免疫力を高めるので今の時期には特におすすめ(正直味は美味しいとは言えませんが…)

7-8am ヨガ・瞑想
起きたてなので朝は太陽礼拝を軽くして体を目覚めさせます。
瞑想は日にもよりますが10~30分くらい。
心配事などに意識が集中しないように、意識を今に向けてマインドフルネスに過ごせるような誘導瞑想などでメディテーションタイム。

8-9am 朝食
ヨガ・瞑想のあとは朝食をとってゆっくりと。

9am-12pm ブログ・ライターの仕事
この機会を使って執筆活動を積極的にするようにして、テレビをずっと見続けたりベッドの上でゴロゴロ状態がずっと続かないようにしました。

12-13pm ランチ
昼間は一番消化力があるので、しっかり目のご飯を作ります。
野菜もバランス良く取れるように気をつけて。

13pm-17pm ライター仕事の続き・読書
ご飯の後も引き続きライティングワークに没頭。
なかなか進まないときは無理やり書かずに頭を使わない感覚系に時間を使います。
サイトの構成チェンジや、本を読んだりアイデアを文字にしたり。

17-18pm 散歩・ヨガ・瞑想
毎日20分以上は歩くことを日課にして、庭をグルグル回り続けるという奇行を繰り返してました。笑
本当は8千歩歩きたかったけど庭以外のとこに行くと罰金がかかるかもしれないということで歩ける場所は庭のみ。
同じ風景を20分以上続けるというのはなかなかに辛く、いつも2~3千歩で断念してましたね。

今思えば隔離中も散歩くらいは良かったのでは?と思うけどもその時は隔離要請が始まったばっかりで様子がわからなかったので仕方なかったかなと。

18-20pm シャワー・夜ご飯
シャワーの後は夜ご飯を作り。と言っても夜は消化力が落ちるので軽めで。
特に隔離中は動くことも少ないので栄養素をメインに考えて量は少なめが私には合ってました。

21-22pm 就寝
ご飯の後はゆっくりゴロゴロを堪能して、できるだけ早めに寝るように。
隔離期間中は時間を気にする必要がない分、自分である程度の規律を作らないと体内時計が壊れてしまうのでここは特に気をつけてました。

 

以上、私の2週間の隔離生活ルーティンでした。
仕事がないときにグダグダしがちになる私があんなにもきちんとした習慣で毎日過ごせたのはプランニング効果だなと思います。

今まで忙しく仕事をしてきた人はこの機会にゆっくり過ごすのもいいですが、私みたいな怠けがちで自己嫌悪に陥るタイプの人はきつすぎない程度にスケジュールを組むのをおすすめします。

 

 

家の中でもオンオフをつくる

家でできるような仕事なんかない!って人は
・興味のある分野の本や映画、ドキュメンタリー番組を見たりして勉強や知恵を深める
・絵を描いたり音楽、料理など五感を刺激するようなものに挑戦する
など、とにかく日中はゴロゴロ、ダラダラにならないような工夫を。

リラックスした時間って数日なら楽しめるんですが、それが何週間も続くと精神的にも肉体的にもつらくなってくるのが人間です。
家の中でもオンオフを分けた生活ルーティンを組んで、
よしやるぞ!という空気とリラックスした時間を分けてそうならない対策が必要です。

 

 

 

 

2週間の隔離期間を終えて

オーストラリアに入国後すぐ隔離生活に入って2週間、その間は完全に家(と庭)から出ない生活を送っていました。

ネットフリックスを見たり、テレビにかじりついたり、ネットサーフィンをしてゆっくり過ごすこともできましたが
それをしなかったのはそうすることで心身ともにいずれ疲れが出るとわかっていたからです。
以前そんな生活を送っていた時期があり、その時の精神状態は良くなかったです。

家にいてもあえてメリハリをつけることと軽い運動をすることで程よい疲れが生まれて良質な睡眠を得ることができ、結果心も体もストレスフリーの状態に。
そのおかげでコロナに対する不安や恐怖からも一歩下がって冷静な目で判断できました。

計画性のある生活習慣のおかげで隔離生活があってよかったなと思えるほどです。

 


オーストラリアでの隔離時にお世話になった親戚の家のお庭

 

 

 

家にいよう

今はもう自主隔離も終えて普通の日常に戻りましたが、
仕事や食材の買い出し、運動(ウォーキング)で外出が必要な時以外は家にいます。

コロナの収束で一番の対策は「家にいること」だからです。

外に出る時も
・出来るだけものをさわらない
・人との距離をあける
・何かさわったら消毒か手洗い
を徹底しています。

 

オーストラリアはロックダウンはしていないものの、日本よりも規制が強くて人が集まるようところは閉鎖されています。

・ジム、ヨガスタジオ、バー、クラブは閉鎖
・飲食店はテイクアウェイのみで開店可能
・衣料販売店は実店舗を閉めてウェブ上での販売が多数
・スーパーやドラッグストアはお客さんの人数制限をかけたり、レジに並ぶ際に一定間隔を開けるような対策
などなど。

これだけの対策があるとむしろ生活がしやすいなと感じます。
日本は政府が出来る制限が海外ほど強くないので国民である私たちがしっかり意識をして生活をしないといけないなと感じます。

 

 

仕事がある、お金がない、生活範囲が限られる、良い意見もネガティブな意見もいろいろだとは思いますが
一番大切なのは自分自身と周りの大切な人の体と心両方の健康です。

たくさんある情報の中から自分にとって何が最適か。
しっかり吟味して取り入れて過ごせるといいですね。

 

 

コメント