オーストラリアのコロナ実態情報

海外生活

 

オーストラリアのブリスベン在住cocoです。
こちらではロックダウンはしていないものの、そこそこ厳しめの体制でコロナ対策がされています。

私が現在ここで働き、暮らしていて感じることをお伝えします。

 

オーストラリアのコロナ実態

▼現在4月12日の時点での情報です。

感染者数 6325人
リカバリー数 3200人
死者数 60人
テスト数 355988人

感染した約半数がすでに回復しているようです。

 

 

オーストラリアのコロナ対策

具体的に政府からの指示でどんな対策がされているかというと…
・ジム、ヨガスタジオ、バー、クラブ、アルコール提供がある飲食店はクローズ
・カフェ、レストランはテイクアウェイのみでの営業可
・スーパー、薬局は通常営業
・二人以上での外出や集まりは禁止(見つかると罰金)
・州をまたいだ後は2週間の自主隔離が必要
などなど

カフェやレストランもオープンはしてるけど基本的に人が来なくてガラガラだからクローズしざるをえない場所が続出。
服屋さんや雑貨屋さんも自主的に実店舗をクローズしてオンラインでの販売をしているところが多いです。

 

人が集まる場所がクローズしているので、ロックダウンしていなくても街中は閑散としています。

最初この対策が発表された時、ロックダウンしないと意味ないのでは?と個人的に思っていた私ですが、今はある程度の制約があれば効果が出るものなんだなと実感しています。

 

 

職場のコロナ対策

ヨガのティーチングとアーユヴェーダ式マッサージを主な仕事にしようと意気込んでこっちに帰ってきたものの、今は完全アウトなので落ち着くまで前職のカフェでバリスタとして働いてます。

といっても、この仕事もいつまで続けれるのかは未知の領域。
なんせガラガラでお客さんが少ない少ない。
テイクアウェイのみでの営業はどこも厳しいものがありますね。

 

わたしの働いてるカフェは少し変わっていて病院の中にあるので、お客さんはお医者さんやナースのほか病院内で働いてる全てのスタッフと患者さん、その訪問者など普通のカフェより何かとリスクが高いのです。

もちろんコロナ対策はしっかりされていてコロナの検査をする人は別病棟だったり、
その他訪れる人たちもチェックがあったり誰でも病院に入れるわけではないです。

お客さんが並ぶ時も1.5mの距離を保てるように床にマークがあったり、レジには透明のつい立ができて飛沫感染を防ぐ試みも。

それでも誰がコロナウイルスを持っているかわからない状況で働き続けるのはなんとも言えない不安感があります。
それは在宅業務ではない、世界中で働いているみんなが思っていること。

 

この状況なのでお客さんは来なくてわたしもみんなもシフトはがっつり減らされてるし、これを機に初の試みでファームジョブに行くのもありかなぁと思ってたり。
そのつもりで心構えはしてるけど1日でいろんな状況が変わる現状、健康に過ごすことができればそれだけで幸せだなあと思う。

 

 

マスクつける?つけない?

日本では普段から軽めの風邪や花粉症対策などでマスクをつける習慣があるので、今回のコロナ騒動でもマスク着用が感染予防の一つとして当たり前のようにみんなが利用していますよね。

ただ今回は普段マスクをつける習慣のない国の人たちでも必要だと感じたのか、たくさんの国でマスク着用の姿が目立ちます。
そんな諸外国を差し置いて現在のオーストラリアでは(少なくともブリスベン付近では)マスクをつけてる人はいまだに稀です。

 

アジア系の人がつけてるのを見ることはあっても他の人種の人たちはすごーく少ない。
その中でつけている人はグローブまでしてしっかり防御。
と、マスク着用に関してはしている人としていない人の差がはっきり分かれています。

ニュースでも「マスクをすることでストレスになるくらいだったらしない方がいい」とまで言う始末。笑

確かに習慣としてマスクをしない人がいきなりすることでストレスになることはあるよなあ、と。
マスクの正しい使用方法も知らないだろうから(頻繁に触ったり何度も取り外しをしたり)、それではあまり意味がないんじゃ?とも思ったり。

 

ストレスに耐えながらマスクをつけるよりもソーシャルディスタンスを大事にしたり、何かに触れた時は消毒をしたり
個人や国民性にあった方法で対策を立てるのがベストなのかな。

 

 

まとめ

最初こそプチパニック状態でスーパーの棚からティッシュだけでなくパスタやお米、お肉(なぜ肉?笑)が消える状態が続きましたが今はだいぶ緩和されてます。
それでも物によって品薄は続いてるので手に入りにくいものはありますが、物流が滞ってるわけではないので入荷のタイミングさえ合えば問題無し。

 

このコロナ騒動で健康に対する心構えがまたグッと強くなって毎日体のことを考えた食事で運動も欠かさず、ストレスを溜めない工夫をしてます。
街なかもそんな感じで、走ったり散歩したり外でマイグッズを持って筋トレしている人も。

 

いつもがゆる〜い国民性なだけに、コロナ患者が増え始めた当初はどうなるかと心配してたけど
思っていたよりもみんながちゃんと気にかけて、政府も対策を立てているオーストラリア。

これからヨーロッパ各国やアメリカのようにドカンと増えるのか平行線上をたどって何落ち着くのか?
今後の動きに注目です。

 

コメント