【新型コロナウイルス】オーストラリア規制緩和発表!

海外生活


新型コロナウイルスの最新ニュースです。

オーストラリアQLD州における規制緩和の予定表が発表されました。

8日にモリソン首相により発表された規制緩和に向けた3段階の「新型コロナウイルスに対する安全な豪州のためのロードマップ」発表を受け、
QLD州首相はQLD州における具体的な規制緩和ロードマップ(予定表)を発表しました。

 

州首相の発表概要

●この規制緩和はコミュニティのつながりを取り戻し、経済を動かしていくための良識が求められる段階的な道筋である。

●社会的距離を取ること(social distancing)及び体調不良の場合の自宅待機を順守することが、段階的規制緩和が予定通り実施されるための鍵となる。

●COVID-19感染が再び増えることはあり得るだろうが、州民が注意深く行動すれば対処は可能である。
素晴らしい州民の努力によりここまで成果を上げてきた。
これを無駄にすることなく,慎重かつ注意深く前に進んで行こう。

 

 

規制緩和予定表のステージ別詳細

【ステージ1】5月15日(金)深夜23時59分より、以下が可能となる。

・公共の場での10人までの集会
・段階的営業再開の一環として、レストラン、パブ、クラブ、退役軍人連盟及びカフェにおける同時に10人までの客の受け入れ(バー・サービス及び TAB 等の賭け事を除く)
・自宅から半径150km以内のレクリエーション日帰り旅行
・美容セラピー等及びネイルサロンにおける同時に10人までの客の受け入れ
・図書館、公園遊戯設備、スケートボード・パーク及び屋外ジムの再開(同時に10人までによる利用)
・結婚式への10人までの出席及び葬式への20人までの出席(屋外の場合は30人まで)
・同時に10人までの参加による不動産の内覧及びオークション
・公共プール及びラグーン(例:サウスバンク、ケアンズ、エアリービーチ)の同時に10人までの利用による再開
(適切な COVID-19 安全対策を有する場合には更なる人数の利用も認められる)

COVID-19 感染のない地方では,以下の2つの事項が特別に許容される。
・地方の小規模コミュニティ連帯にパブ及びカフェが果たす役割の重要性を考慮し、地元住民20人までのこれら施設での食事
・地方のコミュニティが相互に離れていることを考慮し、半径500km以内のレクリエーション目的の旅行

 

 

【ステージ2】6月12日(金)深夜23時59分より、以下が可能となる。

・自宅への20人までの訪問・集会
・レストラン、パブ、クラブ、カフェ及び退役軍人連盟における同時に20人までの客の受け入れ(適切なCOVID-19 安全対策を有する場合には更なる人数の利用も認められる)
・居住地域(region)内での休暇旅行

 

 

【ステージ3】詳細な具体的記述はなし

規制緩和の第3段階は、事前に計画が立てられるようビジネス、コミュニティ及び家族に確実性を与えるべく
州境閉鎖の見直しを含み、また各種施設への受入れ人数を100人に増やすものとなるでしょう。

 

オーストラリア在住の私が思うこと

現段階で全てが一気に緩和されるわけではなく、段階を踏んで様子を見ながら徐々に規制緩和をしていくようです。
ステージ1、2に関しては既に始まる日が決定されているので嬉しいですね。

他の州への移動はステージ1、2段階ではまだされないですが、
ステージ3では見直しがされるみたいなので早い段階で最終段階に移行できるようになるといいなと思います。

 

最近はオーストラリア全体で見ても新しい感染者が本当に少なくなっているので
オーストラリア政府と住民の対策・対応が良かったのだと思います。

実際に生活をしていても以前のような騒ぎもなくなって、生活はだいぶ落ち着きを取り戻した感覚です。
元どおりに、とはいかなくても新しい始まりが迎えられそうな予感がします。

 

 

 

English▼パラシェ首相の8日付メディア・リリースの内容はこちら。
http://statements.qld.gov.au/Statement/2020/5/8/premier-maps-road-to-easing-restrictio

日本文▼8日付の「新型コロナウイルスに対する安全な豪州のためのロードマップ発表」に関する以下の領事メールはこちら。
https://www.au.emb-japan.go.jp/files/100052843.pdf

コメント