YOGAを習慣にした私に起こった5つの変化〜Body編〜

Yoga

私はブログやInstagramを通して、Yogaやアーユルヴェーダの良さをお伝えしていますが
なぜそもそもこのように活動しだしたのか?

それは私自身がYogaやアーユルヴェーダを取り入れた生活をし始めてから、驚くほどに自分の身にいい変化が起き始めたからです。

体調面でも、精神でも生き辛いなあと感じていた時期が多かった私が
YOGAを習慣にしたことでグンと自分の人生を生きやすくなりました。

 

今回は具体的にどんなことが私の身に変化として現れたのかを紹介したいと思います。

得られる変化は人それぞれだと思いますが、私が数年続けて得られた変化を伝えることで、より多くの人がヨガをしてみようと思えるきっかけになると嬉しいです。

 

ちなみに私のヨガ歴は始めた頃〜5年ほどはかなりカジュアル(気が向いた時、軽いものを週に数回程度)なもので、
その後ヨガチィーチャートレーニングで学び出すと同時に、より真剣に毎日の習慣として取り入れだしました。
しっかり練習をしだしてから現在の期間は3年程度。

Yogaと一言でいってもマットの上で行われるものだけでなく、Yoga的な生き方や瞑想・呼吸法全てがYogaです。

ヨガ講師としても、生涯の生徒としてもまだまだ成長途中で学びが多いヨガですが
このボディ編での変化はマットの上で行われるヨガを現在まで続けて得られたこととしてまとめています。

 

肩こり腰痛とは無縁の体になった

座りっぱなし・立ちっぱなしなどの同じ姿勢でいがちな日常生活を送っていると、すぐ体はカチカチに。

ヨガのポーズはそんな普段の生活ではあまり使わない体の箇所をしっかり使ったり伸ばしたりして体全体をほぐしていきます。
そのおかげで以前までずっと悩まされていた肩こり・腰痛とは無縁の体に。

今はどこが凝りそうか、どうすればそれを和らげるかを知っているのでマッサージ屋さんいらず。

 

 

柔軟性が増した

実はヨガを始めた頃はガチガチで、柔軟性なんて皆無だった私。
横開脚なんて90度が精一杯のクマの人形状態…
前屈はつま先を触ることができませんでした。

それが今では横開脚ほぼ180度、前屈は手のひらをしっかり床につけれるまでに。
バックベンドなどまだまだ苦手な箇所もあり、柔軟性ももっと上げていきたいですが、ゆっくり自分のペースで。
ヨガの練習をやればやるほどしなやかになっていく自分の体の成長を見るのは楽しいです。

 

 

体力がついた

私は元々体力や筋肉が少ない方ですが、パワーヨガやアシュタンガヨガなどのパワフル系ヨガを始めてから少しずつ体力に変化が見られました。
インナーマッスルをメインに外側にもある程度の筋肉がつくようになり、以前より健康的に。

体調を崩しやすく、ひどい時期は月一で風邪を引いていた時もあった私ですが、今では風邪知らずになりました。

 

 

生理痛がなくなった

私は十代のころから生理痛がかなり重いほうで、腹痛・腰痛は当たり前のように。
そして初日〜2日目は嘔吐するという悲惨な月経サイクルを繰り返していました。

なんとか軽くするべくいろんな方法を試した結果、ヨガが解消法の一つであったと思っています。(かなり色んな手法を試したのでヨガだけとはいいがたい)
今は吐き気を感じることも、悶え苦しむような腹痛・腰痛はなく、かなり快適な月経サイクルを送れるようになりました。

 

 

小さな体調の変化にいち早く気づけるようになった

毎日の練習で柔軟性や筋肉質の変化に気付けるのはもちろん、体調を崩す前や「このままだと肩こり・むくみになる予感」という早い段階での体調の変化に気付けるようになりました。

いち早く気付けることで対処ができ、本格的に体を崩すということがなくなるという素敵な変化をゲットできました。

ヨガをすると体が柔らかくなるというのは知っていましたが、この点に関しては盲点でしたね。

 

 

 

以上がYOGAを習慣にした私に起こった5つの変化〜Body編〜でした。
本当は小さな変化や気づきを含めるとまだまだあるのですが長くなりそうなので今回はこの辺で。

次回はmind編を紹介します。
お楽しみに!

 

Yoga
スポンサーリンク
シェアする
cocoをフォローする
cocolog

コメント

  1. […] YOGAを習慣にした私に起こった5つの変化〜Body編〜 私はブログやInstagramを通… […]